FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夏越大祓』-水無月-

-水無月(みなづき)-
今日、京都では6月30日は水無月を食べる日です。

京都の各神社などでは、1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、
神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。

「夏越祓」は古くから寺社で行われており、神社の鳥居の下や境内にはチガヤで作られた大きな輪が用意されています。参拝者は「水無月の夏越の祓いをする人は、千歳の命のぶというなり」などと唱えながらくぐり、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願します。

この「夏越祓」にちなみ食べられるのが、6月の別名を持つ和菓子の「水無月」なのです。

水無月 水無月は白い外郎生地に小豆をのせた三角形なのですがこれは涼しげな氷室の氷を表しています。(写真は手前から抹茶風・通常・黒蜜風)
この形になったのは
その昔、幕府や宮中での年中行事として旧暦6月1日に「氷の節句」「氷の朔日」として、
「氷室(ひむろ)」から氷を取り寄せ、氷を口にして暑気を払いをしていました。

「氷室」とは冬の氷を夏まで保存しておく昔の冷蔵庫のような所で、地下など涼しいところを利用して作られて
冬の間その中に雪や氷を詰め込み保冷のため藁などでくるみ保存しました。

その氷室の氷を口にすると暑い夏を元気に越すことが出来ると信じられ、臣下にも氷片が振舞われたようです。しかし、一般の庶民にとっては氷はとても貴重であったため宮中にならって氷室の氷をかたどった菓子が作られました。

白い外郎生地の三角形は氷室の氷を表し、上の小豆は悪魔払いの意味しそこから水無月はこの形になったようです。

皆さんも水無月を食べて暑い夏をのりきろう♪

もっと京都を知ってみませんか?
無料iPhone京都観光アプリ
mdjbana.png

京都観光の際にはぜひご利用ください!
ダウンロード(iTunes) http://itunes.apple.com/jp/app/id356148454?mt=8 
また、アプリ連動公式HPも京都情報満載です。
公式HP  http://www.mobile-de-japan.com/   
京都ページ http://www.mobile-de-japan.com/user_data/InKyoto.php  
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

Tag : 京都 水無月 夏越 氷室 結婚アルバム ウェディングドレス

京都:世界遺産
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。